人気の革財布・革鞄・革靴・革小物

レザークラフトというか革細工というか…。 革で、手縫いで、ミシンで、何かを作ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

革鞄・革小物を作る道具達

いま自分が使っている道具達です

身体の一部になるような境地へ進め


右上から
革包丁×3
横幅や刃の形が異なる3本
直線や曲線で使い分けたりします

化粧念(けしょうねん)
熱コテと言ったりもするそうです
革に線を入れて作品を美しくみせたり
コバ(革の切り口)に蜜蝋を染み込ませたりします
アルコールランプで温めて使います
電気式もあるもようです

糸切り鋏
糸を切ったときの
あの音は普通のハサミでは出せません

左上
豆カンナ
コバの角をおとしたりするときに使います
可愛い感じですがけっこうな値段です

菱目打ち
10本と2本
縫い目のあたりをつけるのに使います
これを叩いた音と衝撃をどう緩和させるかが問題

丸ギリ×2本
革に線を引いたり
返し縫いするときに穴を大きくするのに使います
(下の菱ギリだと糸を切ってしまうため)
立体に縫うときなど用途によって細くしたりします

菱ギリ×2本
菱目打ちであたりをつけたところを
これで穴を開けて縫っていきます
市販のものだと刃が厚いので薄くしてあります
(この作業が大変でした)

カッター
型紙を作るときに使います

左上にかすかに写っているのが
使っている糸です
1000m

使い切った時の達成感は想像できません
ドラゴンボールに出てくるカリン塔の如く
そこに行くまでに自分が鍛えられそう



| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<革の技法 革特集の雑誌 | HOME | トートバック作成中>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。