人気の革財布・革鞄・革靴・革小物

レザークラフトというか革細工というか…。 革で、手縫いで、ミシンで、何かを作ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

革靴の作り方? チャッカブーツ

茶色の接着剤を使用する


釣り込み


先芯


前回の靴教室でアッパー(甲革)が縫い終わりました

今日は踵芯から
先生に用意してもらった型紙通りに革を裁断
(ヌメ革だったか? かなりの厚さと乾いている為か切り難い)
内側のほうが長くなる
ギンが外になるように

裁断したら回りを先生に漉いてもらう
両端の山になっている所を革包丁で漉く
あとアタリを出さないために上の所も漉く

下5mmぐらいを3cm間隔ぐらいで
内計外計の歪みを予防する為にV字の切り込みを入れる

軽く水で濡らし、新聞紙で余分な水気を取る
濡らし過ぎで水気が十分に取れないまま
作業すると外の革に染みが出来てしまうので注意


さてその間
底革のエッジを利用して
外側の革の内側に赤えんぴつで線を引く

全ての釘を抜き
木型からアッパーと外す
(このとき左右の印をつけていないと迷うので印をつけておく)
補強テープで踵の穴を塞ぐ
四箇所

踵芯の型紙をセンターに
例の5mmが赤鉛筆のラインにくるようにそえて
赤エンピツで線を引く

いつも使っている白い接着剤
小麦だかなんだか食べても大丈夫なやつじゃなくて
少々茶色の接着剤を使う

ヘラではなく刷毛で塗る
外側の革に多めに塗り
内側とくっつけて両面に

使い終わった刷毛は
第一のバケツで洗い
第二のバケツで浸け置き
刷毛を長本させるには大切な事

踵芯をセンターに
赤えんぴつラインを5mm超えるように貼る
内側の革が皺にならないようにする

木型をまた入れる
とりあえず赤えんぴつラインに合わせる
つま先をセンターに合わせてワニで引き、釘を打つ
確か10番だったような
木型の踵の印をギンが反転している境目に合わせる

今回の靴の場合
センターに打って傷跡を残すのではなくて
革を貼った段差の所に左右2本釘を打つ

つりこみ開始
踵の内側から
内輪がの革のギンを布やすりで荒らす
底革にそわして白い接着剤を塗る
ドライヤーで乾かす

踵の釘を注意しつつ
センターを引いて接着
センターと金属の端の中間ぐらいを引いて接着
また中間ぐらいを引いて接着
土踏まずの部分は浮かないように注意して

踵の部分は引っ張って細かく寄せて接着する
目打ちを使うと綺麗に寄せれるかも
(寄せる距離はあまりないようが綺麗になる)

次に外側の革
まずはセンター
踵の釘に注意しつつ引き指で押さえ
大きなハンマー(トントンじゃなくてポンポン)仕上げ用で
革と垂直で叩く
踵と底を
隙間を無くす
隙間がなくなったら端から1cmぐらいのところに8番を打つ

内輪の革と同様にセンターと金属の端との中間を引き
ハンマーで叩いて隙間をなくし釘を打つ
ここには鉄板が入っているので完全に打ち込む
少し先を引き鉄板の端の方に釘を打つ

土踏まずのところも
引く→叩く→釘
ただしここには鉄板が入っていないので
抜けるぐらいにしておく
アウトサイドもこんな感じで進める

さて踵
引いて寄せて叩いて打つを綺麗に
引っ張りつつ叩くと綺麗になるらしい
利き手じゃないほうで叩くのは難しいです
しかし写真をみると汚い
巧くなる近道は数を作るですかね


次は爪先
布やすりで荒らす前にワニで引っ張る
前回付けた印より引っ張れるはず
あまり釣り込み代が長いと釣り込みしづらいので切る
荒らす
接着剤
センターを引っ張り接着
内側を引っ張り接着
外側を引っ張り接着
爪先は寄せて寄せて

余分なところは
革包丁で切って平らにする


先芯
シンナーで柔らかくして使うタイプ

型紙通りに裁断
回り先生に漉いてもらう
シンナーで溶けるので革包丁では漉かなくてよい

メジャーを使いセンターから
7cmか8cmのとろこに印をつける
(今回左右を間違えてしまったかも…)

型紙を当てて線を引く

シンナーを棚の左上にある白いトレイに入れ
先芯を浸ける
換気扇をつけてもらい窓を開ける

目打ちを使いつつ靴にのせる
まずはセンター
次に中間だったか
歪みを目打ちで潰しておく

今回はここまで

* * *

70の職人さん、お茶は揺らすが作業は早い

陸フェスにはなりたくない

平日昼飯1000円
靴下一足1500円
あれなんか皆様凄いんですけど…
まぁ自分の悩みなんて人の生死に比べたら小さい小さい




| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<靴教室 東京 自由が丘 千葉などなど 靴作りをしよう | HOME | HAPPO 八方ミシン 工業用ミシン 台付き 100v>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。