人気の革財布・革鞄・革靴・革小物

レザークラフトというか革細工というか…。 革で、手縫いで、ミシンで、何かを作ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

靴作りメモ 先芯 底革

先芯


昨日は靴教室だったので
忘れない内にメモを

前回 革靴の作り方? チャッカブーツ

先芯は75だった
5mmは先を軽く包むようにするために
そうすることで先を削いだときに
面位置をぴったりに合わせることが出来る

さて固まった先芯
所々ぼこぼこしているので
大きい所は革包丁で
小さい所は気やすりで
最後は紙やすりで

靴の中心のほうも
アタリを無くすために
革を切らないように注意しつつ漉く

革包丁が欠けないように
底革の釘は抜いておく

爪先の釣り込みは接着剤のみ
革が長いと釣り込みし難いので切っておく

前回の内革の土踏まずの
釣り込みが甘かったために
外を釣り込むときにも影響が…

しっかりと確認すること

踵の鉄板の入っていないところの釘を抜く
踵の釘は追い込みをかける

出来ないものは曲がっている可能性あり
抜き、少し隣を再度打つ

グラインダー
マスク必須
ギンをとる感じで平らに
土踏まずは注意して

踵は釘があるので火花がとぶ
爆発炎上の可能性があるので
吸引口のフタをしめる
釘を削るぐらい削る

終わったあとは掃除機で吸引

人体に影響があるんじゃなかろうか
そんな接着剤を青空の下で塗る

基本的に底革だけで良いが
リスシオだとオイルの目止めとして
前面に塗ってもいいかも

靴底
ギン面的なところを
紙やすりで荒らす

床面的なところに
さらに強力なものを塗る

おちぶし
やすって、染色して、磨いてを繰り返す


| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<NASAより宇宙に近い町工場 | HOME | iPhoneにストラップ ブックカバー完成>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。